博士と狂人/ The PROFESSOR and THE MADMAN

  • 2020.09.20 Sunday
  • 10:28

JUGEMテーマ:試写会

 

博士と狂人/ The PROFESSOR and THE MADMAN

 


♯202

イギリスには、第一版の刊行(1928 年)まで70 年もの歳月を費やした世界最高峰の辞典がある。
本作は、辞典の編さんを背景に、博士と狂人、加害者と被害者、夫と妻の
相反する取り合わせが織り成す変容を奥深く描いたノンフィクションである。

博士は、オックスフォード大学から英語辞典編さんの新たな責任者になるよう招かれた。
20 年が過ぎてもなかなか具体化できていない状況打開に彼の型破りの発想が求められたのだ。

狂人は、アメリカ人で元軍医大尉である。
過酷な戦争体験から幻覚を見るほどに心を病み、人違いで市民を射殺してしまう。
あまりにも突然に夫を殺された妻は、とうぜんこの男は許せない。
裁判にかけられるも、精神の病ということで無罪。刑事犯精神病院に拘禁される。

博士と狂人の接点は、未だない。

博士は、古語、新語、廃語、俗語、外来語、生粋の英語…これらの意味と変遷の収録に取り組むも困難を極める。
編さんは遅々と進まない。そこで、広く“英語を話す人々” に力を借りることにする。
依頼の意図を「声明文」としてあらゆる書籍や雑誌に挟み、配り、
必要な単語の用例をカードに書いて郵送してもらうことにした。

「声明文」の効果はあった。博士の元に、引用文を記した1000 枚ものカードが届いたのだ。
同じ人からのカードだ。編さんの作業に弾みがつく。
その後、必要な単語のリストを送ると、用例を記した束がすぐに送り返されてくる。
送り主が狂人であることを、博士は知らない。

加害者である狂人は、被害者である未亡人の救済を申し出る。が、彼女は受け入れない。
しかし、二人の距離は近づいていく。

どうにか第一巻は完成するも、編さんに罪人が加担していることがプレスにリークされ
博士は窮地に。この件を打開するのが、博士の妻の思いがけない行動だった。

大英帝国が威信をかけた一大事業、『オックスフォード英語大辞典』の編さん秘話。
落ち着いた物言いで、味わい深い大人の物語だ。

2020.9.15 試写/ S

2020 年10 月16 日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、ほか全国ロードショー
名古屋/伏見ミリオン座

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM