在りし日の歌/ SO LONG, MY SON /原題:地久天長

  • 2020.03.28 Saturday
  • 10:34

JUGEMテーマ:試写会

 

在りし日の歌/ SO LONG, MY SON /原題:地久天長

 



♯195


中国の、恐ろしい程の日常をゆっくりと描いた物語である。

1980 年代から30 年間にわたって変貌し続ける中国の社会。
激しい変化に翻弄される二組の夫婦が。
工場の宿舎で暮らし、同じ年齢の息子がいて助け合い、労苦を共にした同士である。
が、ある出来事が二組を、没落する夫婦と上昇する夫婦に分けてしまう。
1994 年、ヤオジュンとリーユン夫婦のひとり息子シンの溺死がきっかけだった。

数年後、ヤオジュン夫婦は、かつての地を去り、
南方の小さな港町に移り住み修理工場を細々と営んでいた。シンと名のる息子がいる。
孤児院から養子を迎え亡くした息子と同じ名で思いも託すが、
16 歳のシンは、反抗期まっさかり。似ていても、しょせん別人と諦めるしかないのか。

シーンは、1986 年にフラッシュバックする。
この時期の二組の夫婦の友情の成立ち、息子たちの関係、友への思いに加えて
改革開放後の労働者への影響、厳しい時代を生き延びた同士の姿などが描かれる。

1980 年代から2010 年代にかけた、共産党による“一人っ子政策” がもたらしたこと、
互いの変化、変わらないことが丁寧に描き上げられ、物語の顛末を彩る。

2011 年。ヤオジュン夫婦は、友との再開のためにかつて離れた街を訪れる。風景は、一変。
だが暮らした工場の宿舎だけは残されていた。
決して幸せと言い得ない日常であったが、懐かしさが過ぎた時を埋める。
救いがあるとすれば、歳月が流れても、離れ離れになっても、暮らしに格差が生じても
二組の夫婦が、あの時に歌い育んだ友情がたいせつにされてきたことだった。
“在りし日の歌”、それはスコットランド民謡「オールド・ラング・サイン」
(=「蛍の光)の旋律に合わせて歌った〜古き友は忘れ難し〜という歌詞に込められた愛情だ。

日々、平々凡々と暮らすことを望むも、喜び、悲しみ、出会い、別れ、
ハプニングが耐えないのが日常だ。その決して他人事ではない日常を描いた本作。
大海とて風が吹けば荒れる。波おだやかに過ごすことの難しさを共感させられる。

2020.3.25 試写/ C

2020 年4 月3 日(金)角川シネマ有楽町、ほか全国ロードショー
名古屋/4 月25 日(土)名演小劇場

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM