ラスト・ディール 〜美術商と名前を失くした肖像/ ONE LAST DEAL

  • 2020.01.28 Tuesday
  • 20:30

JUGEMテーマ:試写会

 

ラスト・ディール 〜美術商と名前を失くした肖像/ ONE LAST DEAL

 



♯189


フィンランドの首都ヘルシンキが舞台だ。
映画観賞の楽しみのひとつに、映し出される街の日常や暮らす人々の息づかいを実感できることも見逃せない。
本作がそうだ。
歴史を誇る北欧の都市ならではの落ち着きのある街並が随所に映し出され、
まるでそこを訪れているかのように思える。
まさにその一角に小さな美術店が佇む。営むのは老いた美術商オラヴィである。
昔ながらの商いで資金繰りは悪化し、店を畳むことも考えざるをえない。
そんな矢先、誘われて出掛けたオークションハウスで一枚の肖像画に目を奪われてしまう。
価値ある作品に違いないと確信するも、署名がない、出所不明、だれの肖像画なのかもわからない。
数日後にオークションにかけられると聞く。
「これが最後でいい、幻の名画の取引に関わりたい」と静かに、熱く願うオラヴィである。

老いた美術商の願いと並行した流れで、疎遠となってしまったひとり娘とその息子との関わりが
物語の奥深さを描き出す。
問題を抱える息子の職業体験に協力して欲しいと娘からの突然の電話。
家族のことなど顧みず、仕事に打ち込んできたオラヴィは戸惑うばかりだが、
彼女の息子、オラヴィにとっての孫は、構わず店に顔を出す。

いよいよオークションの当日。どうしても落札したいオラヴィ。
落札価格は競り上がる。作品の確証はつかめていない。資金もない。リスクも高まるばかり。
ついに1 万ユーロの声。震える声でオラヴィが競り落とす。が、支払期日まで金の準備はできそうもない。

悪徳画商に商売を邪魔されて、さらに追い込まれるオラヴィ。彼の急場を救うのは、だれか?
娘に金策を頼むも「何度わたしを泣かせたらいいの?」と娘との関係は、やっぱり悪化。

ヘルシンキの街並を雨が濡らす。トラムが走り抜ける。物語を特長づけるシーンだ。
とても味わい深い表現で、観ていて製作者の度量に感心する。
そして結末、人生にとって本当に価値あるものは何かを問いかけてくる。
映画って、いいなぁ。

2020.1.27 試写/ C

2020 年2 月28 日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、ほか公開
名古屋/名演小劇場

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM