嘘八百 京町ロワイヤル

  • 2019.12.09 Monday
  • 10:17

JUGEMテーマ:試写会

 

嘘八百 京町ロワイヤル

 



♯185


どこまでが嘘で、何が本当なのか…。
騙されて気分がいいわけはないが、他人事なら心底笑えてしまう。
この、人の心の歪(ゆが)みを明るく笑いものにした代物が本作だ。
主役は、造形の歪みが価値のひとつでもあり幻とされる茶器、古田織部の「はたかけ」と決めつけたい。

誠実ゆえに儲からない美術商、目利きの小池則夫。
手筋はいいが職人気質ゆえに仕事がない陶芸家、野田佐輔。
ふたりには隠しておきたい過去がある。が、それを暴こうと付け狙うライバル美術商がいて、
物語は「はたかけ」に振り回されながら嘘の深みにはまっていく。

ある日、和服姿がよく似合う清楚な女性が、則夫の店を訪れ
「父の形見の茶器を認知症の毋が騙し取られてしまい、それを取り戻して欲しいのですが」と
相談してきたのだ。則夫の誠実さの針が直感的に揺れる。
則夫は、相棒の佐輔のことを念頭に、ふたつ返事で引き受けた。
ここから本作のタイトルが本領を発揮する。

あの手、この手では足りず、その手があったか、則夫様。テレビの生番組まで利用して
ライバル美術商、金に目がない鑑定士、政治家までももつれ込んで
あろうことか、幻であるはずの「はたかけ」が次々に登場。
そのなかのひとつは本物のはずだが。どれも出来がいい、正直見分けがつかない。
二転三転、反転逆転、騙すか、騙されるかのどんでん返し。

実は、嘘に振り回されるのは観客であり、最後の最後まで真実がつかめないように仕組まれている。
ゆえに、騙されることないように、常に疑って観なければならない。

よく仕上げられた作品だが、果して本作の出来具合、鑑定やいかに?

2019.12.3 試写/ G

2020 年1 月31 日(金)全国ロードショー
名古屋/ミッドランドスクエアシネマ、ほか

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM