ファイティング・ファミリー/ Fighting with My Family

  • 2019.10.20 Sunday
  • 10:06

JUGEMテーマ:試写会

 

ファイティング・ファミリー/ Fighting with My Family

 



♯181


ここに、本作のキャッチフレーズを決める前の内部資料がある。提案されたのは、3 案。
1- 最強(凶)家族 2.- リング上のシンデレラ 3- 家族ぐるみで命がけ
どれも捨て難い。

イギリス北部の街でレスリング・ジムを営む一家。両親は、元レスラー。
子どもたち兄妹は、ジムを支える現役。決して裕福ではないが、日々の暮らしと明るく闘う。
兄妹は、レスリング一筋。憧れのWWE(アメリカのプロレス団体)と契約して一流になりたい。
そうした折り、二人はライバルたちと共にWWE との契約が叶う特訓を受けた。
選ばれたのは、妹のサラヤひとりだけ。
あれだけ自信があったのに、兄の夢は破れた。妹への嫉妬にも似た複雑な思いだけが残る。

サラヤは、家族に見送られアメリカに渡る。リング名ペイジでの挑戦が始まる。
想像を絶するトレーニングの厳しさ、よそ者扱いされて同僚と馴染めない。
重度のホームシックも彼女を苦しめる。

そのトレーニングは、さすがに凄まじい。エンターテイメントといえども、否、だからこそ
真剣を装った闘いをしなければ観客を沸かすことはできない。
派手な音を立ててリングに倒れ込む術、体当たりを痛々しく見せたり、
相手を威嚇する演技や言葉までも身につけなければならない。
当然、基礎体力を養うことも並大抵ではない。これらすべてを演じる役者も大変、辛そうだ。

クリスマスに帰省したペイジ。「もう、アメリカには帰らない」と秘めた思いを両親に言えない。
だが、兄は察した。リングに呼び出し妹の弱気を徹底的に打ちのめす。

選ばれなかった兄の悔しさや両親の励ましを背に、再びアメリカに向かうペイジ。

顔つきも体も確かに変わってきた。いま、彼女を待つのは、夢に近づける華やかなリング。
……だが、またしても弱気のサラヤがペイジをこわばらせてしまう。部屋から出られない。
観客のいら立ちが絶頂に達しそうだ。……もうタイムリミット!
その時、兄からの電話。

さて、採用されたキャッチフレーズは、「最強家族」。ストレートで伝わりやすい。
「リング上のシンデレラ」も悪くはないが、ちょっとネタバレ。
サブフレーズは、原案どおりの「究極のエンターテイメント“プロレス” に生涯をかけた
強い絆で結ばれた家族の真実の物語」が添えられている。

2019.10.17 試写/ S

2019 年11 月29 日(金)全国公開 名古屋/伏見ミリオン座

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM