永遠の門 〜ゴッホの見た未来/ At Eternity’s Gate

  • 2019.09.22 Sunday
  • 16:33

JUGEMテーマ:試写会

 

永遠の門 〜ゴッホの見た未来/ At Eternity’s Gate

 



♯178


「だめだ、だめだ。こんな絵では人が集まらん。さっさと片づけてくれ」
パリでまったく評価されなかったゴッホ。

1890 年、37 歳で亡くなったゴッホの画家としての活動は、わずか10 年であった。
27 歳を迎え、画家として生きることを決意してパリへ出る。印象派の時代だ、
パリの画家たちからは相手にもされない。
ゴッホは、納得のいかない思いを、合ったばかりのゴーギャンに打ち明ける。
「新しい光を見つけたい」

ふたりの運命の出合いだ。

「南へ行け」。
ゴーギャンのアドバイスのままに南仏アルルへ。季節は冬。ゴッホの求める光はない。

監督は、自らが画家でもある。
それゆえに、彼自身がゴッホに成りきっているかのような映像ではないのか、
そう、ゴッホが求めた光、感じとったであろう光が細心をもって映し出される。
観ていて、「この光をゴッホも浴びていた。彼と同じ空間にいる」と実感できる。
流れるピアノ曲も力強い。ゴッホの鼓動をイメージさせる。
とはいえ、アルルでのゴッホの精神は、危うい。

本作は、危ういゴッホを追い続ける。重い。どこか哲学的である。
「永遠が見えるのは僕だけなのか」と自問するゴッホ。ゴーギャンも理解できない。
そして、「未来の人のために、神は私を画家にした」という思いに至る彼。
今日、高く評価されているゴッホの作品は、まさに危うさ極まる精神状態で描かれたものだ。

炎の人、ゴッホ。また、好きになる。

2019.9.19 試写/ G

2019 年11 月8 日(金)全国ロードショー
名古屋/ミッドランドスクエアシネマ

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM