42nd ストリート

  • 2019.09.14 Saturday
  • 13:54

JUGEMテーマ:試写会

 

42nd ストリート

 



♯177


これは映画ではない。ブロードウェイそのものだ。
スクリーンはまるごとミュージカルの舞台になる。すごい!
50 人は優に越すダンサーの群舞が、コーラスが、本場の迫力で飛び出してくる。

本作は、1933 年に公開されたミュージカル映画『四十二番街』を舞台化したものだ。
大恐慌時代のニューヨーク。
重く暗い日々に明るい光を届けようと、演出家ジュリアンは、新作ミュージカルに命をかける。
我がままを言うスポンサー、プレミアム公開の前日には主役の女優が怪我。もう公演は無理!
代役は?群舞の中の一人ペギーが推薦されるも彼女は新人。
ペギーが引き受けてくれなければ、公演できない。
そうなると多くのダンサーは、職を失い家賃も払えない。一気に貧困者になってしまう時代。
しかし、ペギーには自信がない、重荷だ。

舞台装置は、シンプルな感じだが、さすがの工夫がなされて効果満点。
圧巻は、50 人以上のダンサーが舞台に寝て輪になって踊る場面だ。
客席からは、寝ているようにしか見えないが、カレイドスコープ(万華鏡)のような装置で
真上から大輪を思わす演舞を楽しむことができる。
タップダンスも、ただ事ではない。
どれだけ多くの人が踊っても乱れない。小気味よい音しか響かない。

試写室で座ったその席は、劇場の特別席以上の席であった。
本場ブローウェイで別の演目を観たことがあるが、そのとき以上にダンサー一人ひとりの表情がよく分かる。
加えて、要所要所がアップで映し出されるため、瞬間の場面を見逃すことがない。

ただ、残念なことがひとつ。
試写室のスクリーンがコンパクトなため、本作の余りある魅力を存分に得られなかった。
となれば、改めて劇場の大スクリーンで満喫するしかない。
公開が待ち遠しい。

2019.9.12 試写/ S

2019 年10 月18 日(金)東劇、先行限定公開
名古屋/ 10 月25 日(金)ミッドランドスクエアシネマ

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM