今さら言えない小さな秘密

  • 2019.08.28 Wednesday
  • 09:44

JUGEMテーマ:試写会

 

今さら言えない小さな秘密

 



♯174


そこは南仏プロヴァンスのとある村。自転車にまつわる伝統をもつという。
小鳥がさえずる山坂を少年が自転車を脇に、まるでペットを散歩させているように歩いて来る。
後からこどもたちの笑い声や自転車のベルが聞こえてきた。
少年は、いきなり自転車を道の下へ突き落とし、自身も隠れ一団をやり過ごす。

あの時の少年ラウルは、いま、村で評判の自転車店を営んでいる。
父は、郵便配達員で彼の後を継ぐはずだったが、事情があって望み通りにはならなかった。
どんな事情? それこそが秘密だ。
ある日、雨降るなかラウルは意を決して父に秘密を打ち明けた。
瞬間、父は雷に打たれて命を落としてしまったではないか。

雨降るある日、ラウルは募る思いを彼女に伝えようと決心し、秘密も打ち明けた。
秘密を聞かされた彼女は、気を落として外に飛び出した。瞬間、雷が落ちて……。

本作は、イラストレーター、漫画家ジャン= ジャック・サンペの原作を映画化したもので
全編にまぶされたユーモアに反して、ラウルの言えない苦しみの輪郭がくっきりと浮かぶ。

ずっとかかえてきた秘密、それは今さら誰にも言えない。でも、隠したままで結婚できた。
二人の子どもに恵まれ、温かい家族との日々。
なのに、村の人たちの写真を撮りたいとパリから越して来た写真家が、ラウル苦しめる。
村の急な坂を自転車で走り下る彼を撮りたいと強く要求。
もはや断りきれないラウル。で、遺書を書いて挑戦、実戦。
ここでも原作者のユーモアがきいて思わぬ展開へ。
ラウルは、事情と重い秘密を妻に打ち明ける。彼女は、そんなラウルに落胆するのか。

観ているこちらも妻の言葉が気になる。

南仏に吹くミストラルに包まれて読む絵本をイメージしてしまう心地よい物語。
言えない秘密とは、自分がそう考えているだけで、他の人には何気ないものかも。

2019.8.27 試写/ S

2019 年9 月14 日(土)シネスイッチ銀座、ほか全国順次ロードショー
名古屋/ 10 月18 日(金)伏見ミリオン座

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM