永遠に僕のもの/ EL ANGEL

  • 2019.07.24 Wednesday
  • 18:35

JUGEMテーマ:試写会

 

永遠に僕のもの/ EL ANGEL

 



♯170


アルゼンチンの映画である。
こんなにも残酷な犯罪者を描きながらも、娯楽性が先立つのはなぜだろう。
原題からしてエンジェルという次第だから、犯罪者を糾弾しようとする社会派を気取るつもりはないようだ。

1971 年、ブエノスアイレスで起きた実話の物語だ。

平然と空き巣を重ねる17 歳の高校生、カルリートス。
両親は、息子の悪事に気づいていたが環境を変えることでやり直せると思い転校させた。
しかし、このことが裏目に出てしまったのだ。
新しい学校で出合った同級生の父親は、裏社会に生きる前科者。
カルリートスに銃の撃ち方を教え、挙げ句に同級生を含めた三人で銃砲店に忍び込み盗みを働く。
このことがきっかけでカルリートスは銃を持ち歩くようになる。持てば撃ちたくなる。
さらに強盗を重ね、人に向かって撃つ喜びさえ覚えてしまい、とうとう殺人さえ犯してしまう。
顔色を変えることなく、後悔の様子も見せず「もっと自由に生きるんだ」とうそぶく始末。
家に帰ると両親思いの息子を装い、親も見て見ぬ振りなのか、疑いを口には出さない。
犯罪はエスカレートする。

本作は、音楽が多用されていて、それぞれの歌詞がカルリートスの心境と見事にオーバーラップする。
どの曲もノスタルジックで、ついつい聞き入ってしまい、
犯罪の重さや犯罪者への怒りなどうすれてしまうように感じる。
そうか!これがラテン系の“ノリ” か、と決めつけてしまうのは短絡的とわかっていても
犯罪者をエンジェルのように思わせてしまう“ノリ” は、間違いなくある。

最後の最後、古びたラジオから流れ出す曲に合わせて軽い身のこなしで踊る若い犯罪者。
そして、たった一人の身柄を確保するためにとられた行動を見れば、
どうにも大袈裟で、誰もが“ノリ” の存在を確信できるはず。

初めて観たアルゼンチンの作品。本国ではNo.1 のヒットだというが、
文化とは、なかなか理解し難いものと知る。

2019.7.23 試写/ G

2019 年8 月16 日(金)渋谷シネクイント、ほか全国公開
名古屋/伏見ミリオン座

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM