風をつかまえた少年/ The boy who harnessed the wind

  • 2019.06.23 Sunday
  • 16:59

JUGEMテーマ:試写会

 

風をつかまえた少年/ The boy who harnessed the wind

 



♯167


「食べるものがなくなったら、わたしの片腕を食べさせるわ」
大干ばつで食べるものに困り、口減らしのために家を出ようとする娘に毋はそう言う。

飢きんによる貧困で、死ぬか生きるかの毎日。
アフリカ南東部内陸に位置するマラウイ共和国でのつい最近、
21 世紀に入っての実状を教えてくれる真実の物語である。

娘を説得する毋は、返す刀で夫に向かって「結婚をするとき希望があったわ。
でも、それをなくし、土地も食べるものも。後、何をなくしたらいいの?」
「俺を責めないでくれ」と夫。
「責めているんじゃないの。教えて欲しいの」と妻の眼から涙がこぼれる。
夫の眼にも光るものが。どれだけ渇いても、生きようとする者には乾かないものがあった。

懸命に家族を養おうとする両親を見て14 歳の息子ウィリアムは、“水さえあれば” と、
悔しい思いを噛み殺す。そういう彼とて、貧困のあおりで退学させられてしまう。
“水さえあれば” 家族を、村を救えるはずだ。
科学が好きで、こっそりと授業に忍び込むが追い出されてしまう。勉強したい思いは募るばかり。

息子の思いを知る毋は、校長に図書館だけでも使わせてくれるように頼み込む。
そう、ウィリアム少年は、そこで『エネルギーの利用』という一冊と出合い、
風車を使って充電した電池でポンプを動かす仕組みを学ぶ。
直ちに廃材を活かし風力発電の実現へ。
友達も協力するが、どうしても父が大切にしている自転車は部品として欠かせない。
「わけのわからんガラクタのために、俺の自転車を使うとは」と怒る夫を説得するのは、妻。

本作は、実に知に富んだ無駄のない言葉で、観ている者の関心を外らさず、学ぶことの素晴らしさ、
理解できない者の愚かさ、感情に左右される者の多さといった側面を浮き彫りにしてしまう。

大統領選挙の遊説で村を訪れても、村の窮地を見ようとしない現大統領を見て、父は息子に言う。
「この国のデモクラシーは、輸入した野菜と同じだ」と。
けげんな顔の息子に、「すぐに腐る」と言葉を継ぐ。脚本の巧みさに納得!

本作は、収益金の一部を学ぶことの困難な日本の子どもたちのためや、「あしなが奨学金」
にも寄付されるという。予算の使い方を知らない政治家にこそ観て欲しい作品といえよう。

2019.6.20 試写/ S

2019 年8 月2 日(金)新宿武蔵野館、ほか全国順次公開
名古屋/伏見ミリオン座

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM