クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅

  • 2019.05.18 Saturday
  • 10:38

JUGEMテーマ:試写会

 

クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅

 



♯162


たまには、こういう作品に和むのもいい。
ストーリーの展開はさておき、成り行きを楽しめばストレス解消になるかもしれない。
理屈は、ご法度だ。

憧れのパリにやってきたインド青年のアジャ。
カタログだけでしか見たことのないカラフルな家具を求めてデパートへ出かけるも、
その日に泊まる持ち合わせがない。都合良く、目の前にジャストサイズのクローゼットが。
しめたとばかりに潜り込んでしまった、アジャ。

そうそう、子どもの頃、デパートの菓子売り場に泊まれたら、夜こっそりとチョコレートでも
何でも好きなだけ食べられると想像したことを思い出した。
でも、夜は怖いよな……

で、アジャも真夜中とんでもないことに巻き込まれてしまう。
彼が眠るクローゼットが、あろうことかロンドンへ出荷されてしまう。

さあ、奇想天外な旅の始まりだ。

ハプニング、トラブル、思わぬ出合い助け合い、気づき、冒険、などなど旅の要素が次々に繰り広がられる。

ロンドン警察に捕まったアジャは、無理矢理スペインへ移送されてしまう。
スペインの飛行場で隔離されるも抜け出せ、有名女優の衣装ケースに忍び込んだら、そのままローマ着。
が、金銭トラブルで追われる身となり逃げた先に気球が。飛び乗って大海原でへ。
やがてリビアへ向かう船上に不時着。どうしてこんな展開になるのか?
そうそう、旅は成り行き、風まかせ、理屈はご法度だった。

インド映画の特長として、歌い踊るシーンが意味もなく登場することを知っていたが、本作も例に漏れず
ロンドン警察の部長刑事が、ミュージカルふうにステップを踏んで歌ってくれる。
サービス精神あふれる陽気な警察官は歓迎だが、意味わからん。

日常の凝り固まった常識アタマをシャッフルするには、心地よいおとぎ話のような本作。
で、いまこそデパートに泊まれるとしたら、やっぱり菓子売り場だろうか。クローゼットも、いいね。

2019.5.13 試写/ C

2019 年6 月7 日(金)新宿ピカデリー、ほか全国ロードショー
名古屋/ミッドランドスクエアシネマ、ほか

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM