サムライ マラソン/SAMURAI MARATHON 1855

  • 2019.01.29 Tuesday
  • 11:53

JUGEMテーマ:試写会

 

サムライ マラソン/SAMURAI MARATHON 1855

 



♯151


実に良くできた作品である。
実は、観るまではそのタイトルから軽いノリで創ったように思っていた。
案内パンフレットに、優勝者には姫との結婚でも、侍になりたいという願いなど
何でも叶えるご褒美付きとあることも、勝ち負けを競うドタバタ劇かと思った一因だった。

実感、勝手な思いは見事に裏切られた。

時は、1855年(安政2年)ペリー来航から2年目、安中藩でのこと。
藩主板倉は、開国に反対ながらも、その時に備え藩士を鍛えておくべきと考えていた。
その妙案が15里(約58km)の遠足(とおあし:マラソン)である。
ところが、板倉の動きを早合点して“謀反”と幕府に密告したスパイが藩士のなかにいたのだ。
いざ、スタート。遠足で城下は藩士不在に。
その間に江戸から拳銃を打ちまくる刺客が送り込まれてきたから城下は騒然。

走る連中はゴールを目指すも、途中で不正あり、騙しあいありの泥仕合。
その迫力は、ただならぬもの。
撮影において、雨が降り出そうともそのままカメラは長回しで、ハプニングを積極的に受け入れたという。
まさしく役者はずぶぬれ、全身泥まみれの泥仕合。

実際、足の引っぱり合いなどしている場合ではない。城下は刺客で危うい状況。
だが藩士だって無能じゃない。危機に気づく。
さあ、今度は藩を守るために目指すは城下、戦の走りだ。
敵は、飛び道具。形勢不利。銃弾がうなる、矢が飛ぶ、首も飛ぶ、血が吹く、藩士はへとへと。
それでも殺す、殺されるの局面が続く。
ここも長回しだから役者たちは休めないし、誰もがまちがいなく怪我をしているだろう。
観ていて息をのむ。黒澤明が浮かんだ。

本作は、監督を初め外国人スタッフが多く関わっているせいか、
邦画にありがちな「無用な情」が削ぎ落とされ、
緩慢な状況が一掃されて人間模様がスマートに伝わってくる。

ご褒美狙いのマラソン大会ではなかった。実に良くできたサムライ映画であった。

2019.1.23試写/G

2019年2月22日(金)ロードショー
名古屋/TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、ほか
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM