私は、マリア・カラス/MARIA BY CALLAS

  • 2018.11.08 Thursday
  • 20:57

JUGEMテーマ:試写会

 

私は、マリア・カラス/MARIA BY CALLAS

 



♯145


「マリアとして生きるには、カラスの名が重すぎたの」
彼女は、40代半ばの頃のインタビューで自身のこれまでを語る。
本作は、まさにこの言葉に象徴される作品である。

全編を彼女の言葉と歌だけで構成。
熱狂的なファンでさえ知りえなかった、さまざまな出来事の「真相」「告白」
未公開だった映像も丁寧に編集された、貴重な114分である。

まず、言葉だ。
先のインタビューに答えるシーンが、人生の変化を綴る折々に挿入され、時々の思いを語る。
舞台でのカラスからは想像もつかないプライベートなマリアとしての思い。
それでも、気丈で理不尽な圧力にひるむことのない様子は、言葉の端々に残る。
彼女が、自叙伝や手紙にしたためた言葉も朗読で紹介される。
そこには、マリアとして生きたい悩み、迷い、カラスから解放されたい面持ちも伺える。
朗読するのは、『永遠のマリア・カラス』でカラス役を演じたファニー・アルダンだ。
インタビューに答えるカラスとそっくりの口調で、カラスと聞きまごう印象が生々しい。

そして、歌だ。
カラス本人が、11曲もカットされることなく歌い上げてくれる。
試写室、そこは“ひとりオペラ座”の特別席に。陶酔の粋を味わう。

マリア・カラスのさらなる魅力は、次の言葉にも。
「あなたは、レジェンドですね」と、インタビュアーが。
「いいえ、私はふつうの人間よ」と。

2018.11.6試写/G

2018年12月21日(金)公開
名古屋/TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、ほか
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM