エリック・クラプトン -12小節の人生-/ERIC CLAPTON:LIFE IN 12 BARS

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 14:26

JUGEMテーマ:試写会

 

エリック・クラプトン -12小節の人生-/ERIC CLAPTON:LIFE IN 12 BARS

 



♯141


ここまでたどり着いた、その生き様を自らが語るドキュメンタリー。
エリック・クラプトン72歳(製作時)は、B.B.キングへの哀悼の言葉から
噛み締めるように人生の振り返りを始める。

若さゆえの選択と行動。
ファンなら、代わって話せるくらい彼の歴史を知っているだろう。
しかし、この度は、初めての事柄も多々編集されているという。

誰に押されたわけでもなく自らどん底へ落ち、もがき
それでも自らの力で這い上がったあの頃の彼。
そう、その頃、観ている自分自身の人生はどうだったのか、ふと“時”を重ねながら彼の語りに聞き入る。
スクリーンには、あの頃のクリームの面々、ザ・ローリングストーンズ、ザ・ビートルズ、
ボブ・ディラン……アーカイブ映像の彼らは、迷いのない自信にあふれ表情を見せてくれる。
あふれ出る曲も懐かしい思いをかきたてる。
彼は、18歳。ヤードバーズのメンバーになっていた。
26歳で「いとしのレイラ」を。苦悩の迷路へ迷い込む頃の作品。
そう、どん底への迷路から抜け出せなくなる。
ドラッグとアルコールに溺れた日々。さまよう彼は安易に許されるはずもなかった。
が、社会は彼を見捨てなかった。

72歳の彼は、ギターを手離さなかったから救われたと自戒の念。

80年代初期に復帰を果たすが、さらなる悲哀の人生が待っていた。
4歳の息子コナーが53階から転落死。
息子は、47歳の父に「ティアーズ・イン・ヘヴン」を遺してくれていた。

エリックの語りに耳を傾けながら、曲にうっとりしながらの135分は、あっという間だ。
あの頃を振り返るということは、これからどう生きるかを見通すことだろうか。
観終えて、“時”のなつかしさとともに明日への安堵を彼と共有できた思いになった。

2018.10.15試写/S

2018年11月23日(金)TOHOシネマズ  シャンテ、ほか全国ロードショー
名古屋/センチュリーシネマ
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM