食べる女

  • 2018.09.15 Saturday
  • 10:11

JUGEMテーマ:試写会

 

食べる女

 



♯138


うまいものを自分流にこしらえて頂く幸せ。それも気の合う友とならばひとしお。
同様に、人生もうまいものを食べるが如しと本作は、ほっこりと説く。

そのこしらえ方であるが、材料は、年齢や個性、価値観の異なる女性たちの生き方8種類を
贅沢に揃えることから始まる。

1-雑文筆家で古本屋を営む、気のいいおひとりさま。
2-三十路を過ぎ、ひとりで生きていくと決めてマンションを購入した編集者。
3-面倒見のいい、ごはんや「道草」の女将。
4-料理ができず、夫に愛想を尽かされたアメリカ生まれの妻。
5-アラサーで恋に疲れた、制作会社のアシスタント・プロデューサー。
6-元夫のBAR「ロマ」を手伝う、4人目を出産前の元妻。
7-安くて簡単なひき肉料理が得意。「わたしってひき肉みたいな女」という古着ショップの店員。
8-耳のモデル、2児のシングルマザー。

材料の持ち味を引き立たせるために、秘伝の調味料を加える。
男の勝手わがまま……大さじ2杯。
女の意地……中さじ2杯半。
粉末の笑い茸を好みに合わせて適量。
以上を用意し、こしらえるタイミングを見計らって適宜振りかけるだけ。
仕上がるまでの時間は、1時間52分。この間、目を離してはならない。
材料の細やかな変化、それぞれの絡みあいを見逃してしまうと、うまさを損ないかねないからだ。

仕上がりの味わいは、多くの女性の味覚と生き方を満足させてしまうコクと香り、
あしたも元気にやれそうと思わせてしまうエネルギー感がしっかりと伝わってくる。

ただ、残念なことがひとつ。
男たちの味覚に合うか?と問われ、イエス!と即答できないことだ。まずは、男も食べるしかない。

そうそう、観終えたらきっとそうなるだろうから、生たまごと満月を予め用意しておくとよい。
人生をうまく食べられる幸せを実感できるはずだ。

2018.9.7試写/T

2018年9月21日(土)全国ロードショー
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM