パンク侍、斬られて候

  • 2018.06.04 Monday
  • 20:53

JUGEMテーマ:試写会

 

パンク侍、斬られて候

 



♯129


あなどれない。
本作は、時代劇のふりをして、その枠を完璧に突き抜けたパンク劇である。
心して観なげれば、凝り固まった常識頭など破裂してしまう。

手始めに、自らを超人的剣客とおごるプータロー侍、見参。
黒和(くろあえ)藩での就職を目論みハッタリをかます。
藩では、家老どもによる権力争いの真っ最中。
そこで、奴のハッタリを活かして争いに勝とうと企むも未曾有の事態が勃発。

よくある展開ではあるが、そうは問屋が卸さないのが本作の神髄。
腹を激しく振りゆらしながら練り歩く“腹振り党”なる怪しい民衆が現われ暴徒化して物語を壊していく。
で、この“腹振り党”の衆が、今日わが住む国の民と見事に重なりあうわけで、制作者の意図はここにありと確信。
家老どものやり口は、嘘を嘘で塗り固め逃げ回る首相とか総理とかを連想させ
腹を振るは、権力に尾を振る昨今の役人に。
無気力に群れる様子は、何も考えずスマホに目をやり、人の後を付き歩き列に並ぶ、
政治など他人事のように関心を示さない民、そのもの。
超ド級のやゆ、風刺が全編を貫いている。

さてさて、“腹振り党”の出現で権力争いなどしている場合じゃない。藩がぶっ壊れてしまう危機にあるわけで。
プータローのパンク侍、いよいよ活躍の条件が整った。
“腹振り党”と真っ向勝負で藩を救うことに……。となれば、これもよくある展開。

危機に陥った藩を救うのは、猿、それも言葉を巧みに操る立派な猿である。
えっ!猿?
何でもありの発想には、ぶったまげちまっただ。
加えて、念動力を使える底抜けの阿呆が思わぬ働きをする。その手があったか監督さん。

物語は、実に小気味よいテンポで観る者を引きずり回す。
余計なシーンがないばかりか、脚本が良く練られていて台詞に無駄がない。
奇妙奇天烈な画面をまともに鎮めて、もう哲学の域。
前代未聞の娯楽作品と謳われているが、まっことその通り。観る者全員、斬られて候。
このパンクは、あなどれない。

2018.5.29試写/T

2018年6月30日(土)全国ロードショー
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM