あなたの旅立ち、綴ります/The Last Word

  • 2018.01.29 Monday
  • 13:22

JUGEMテーマ:試写会

 

あなたの旅立ち、綴ります/The Last Word

 



♯115


ビジネスで成功し裕福に暮らす、おひとりさまの老婦人ハリエット、81歳。
困ったことに彼女は、何事も意のままにならなければ気がすまず自己中心で手に負えない。
だが、心臓に病があり孤独と死への不安は隠せない。
そんな彼女、知り合いの訃報記事を目にして「こんな素晴らしい人ではなかったのに」と悪態をつく。
で、自分の訃報記事を生きているうちに書いてもらいたいと思いつき、地元の新聞社に依頼する。
担当にさせられたのは若い記者のアン。

アンは、常に高飛車な物言いのハリエットに辟易としながらも、依頼主のかつての仕事仲間や別れた夫、
つきあいのあった人たちを取材するが誰ひとりとして彼女のことをよく言わない。
アンとしては、どう賛嘆しようにもお悔やみらしく書けない。
やむなくそのままを原稿としてハリエットにわたす。

ハリエットは若い女優が演じているものと見紛うほど快活で、とうてい80歳代の様子ではない。
が、1934年生まれのシャーリー・マクレーンが演じていたのだ。
シャーリー・マクレーンの嫌われ婆さんは、アンの記事を読んで何を思ったのか、最高の訃報記事にするために自分を変えるコトを決意する。
そして、誰からも親しまれるご婦人になっていくのだが、アカデミー主演女優賞を受賞した人だけあって、
思いやりと茶目っ気いっぱいのハリエットに変わっていく様は見事だ。

ところで、最高の訃報記事には4つの条件を満たす必要があり、ハリエットはそれらをクリアするために奔走する。
4つの条件は……
1.家族や友だちに愛されること
2.同僚から尊敬されること
3.誰かの人生によい影響を与えるような人物であること
4.記事の見出しになるような、人の記憶に残る特別な何かをやり遂げること
こうしてみてみると、生きるうえで誰にとっても参考になる項目ばかり。

条件をクリアする過程でアンと9歳のやんちゃな女の子ブレンダが加わり、女三人の破天荒な出来事が繰り広げられることになる。
残りの人生をそれまでと180度転換しようとするハリエット、生きている間にどこまでクリアできるのか、
心臓病も気になる。

2018.1.22試写/S

2018年3月 全国ロードショー 名古屋/伏見ミリオン座

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM